metalgakuin01

■ ヘヴィーメタルとベビーメタル Vol.1

 コレ、本当は回避したかったお題なんだが、レポ書いちゃった以上は避けて通れないだろうから書くよ。読んで下さる方々、お手柔らかに頼む。アイドル嫌いっていう、あくまで偏った俺の見解だからね。

 3姫が可愛いのは間違い無いよ、この俺が"姫"だとか"ゆいちゃん"だとか言ってんだからさ、間違い無い! そこがベビーメタルのチャームポイントでありセールスポイントであることも否定しない。もし3人がブ○だったら成立しないコンセプトだからね、アイドル寄りのファンに聞けばわかるだろ?w

 基本的に俺はそーいったキャラクター的な側面と楽曲やパフォーマンスを切り離して考える人間なんだ。なので、アイドル的な評価や報道がベビメタという冠に対して持ち込まれるのは徹底的に反発するよ。

 音楽的にはあくまでも既存のヘヴィーメタルに軸足を置いた新ジャンルって考えるようにしてるかな。オマージュやリスペクトという名の下のリフの使い回しは聞く人が聞けば「ニヤッ、クスっ!!」となるしね〜
 まぁ.......そう考えないと許せないだけなんだけどな!w

 つまり、俺のベビメタ愛はアーティスト的な側面に対する部分が大きいってこと。
 楽園でメン推しクラブにコメしないのも、ベビメタに対してアイドル的なしあ見方をしたくないって理由もあるんだ。
 3姫に対しては、基本的にパフォーマンス絡みの話(+キモきゃら妄想)の中でのみ言及したいと思ってる。

 ・・・まだ誰も敵に回してないよね???(笑)

■ ヘヴィーメタルとベビーメタル Vol.2

 先述のラウパレポでも少し触れたしTMさんも言及してくれたが、ベビメタはヘヴィーメタルのパロディである。
 ハッキリ言って外面は完全にイロモノだと思うが、フタを開けたら楽曲や演奏、果てはライブといった中味が非常にハイクオリティーだったために、メタルエリートを混乱の渦に叩き落としたのだ。様式美やオマージュといった連中が泣いて喜ぶツボを押さえていた点も見逃せない。

 メタルエリートは頑固である。熱さ故の裏返しなので、こればかりはご理解頂きたいものだ。
 私のようにフィールドを離れて15年以上経つ者でも、当時に培われたスピリッツというのは決して色褪せる事はない。
 単にホコリを被っていただけで、はらえばいつだって現役そのものだ。死ぬなんてことはないんだよ。自分が青春時代に触れた音楽というのは、自身の甘酸っぱい思い出とも相俟って誰にでも思い入れや拘りがあると思う。

 俺の場合はメタルだった。
 HR/HM自体が最盛期を迎え、今やレジェンドと呼ばれるスーパーな連中がキラ星の如く輝いていた時代にリアルタイムで経験したんだよ。
 あの轟音で体の芯から熱くなり、ヘッドバンギングとガッツポーズを繰り返しながらダチと燃え上がったんだよな。

 そんなメタルがオルタナやグランジに押され、"old school" の烙印を押された頃には俺も少し大人になって、違う方向に舵を切り始めていたんだ。

 ハッキリ言って、ここまで衰退するとは思ってなかったよ。

 ベビメタに出会った2014春先、自分の青春を支えてくれた連中が未だに現役で居てくれたことに驚くととともに、思い出させてくれた3人にこの場を借りてお礼を述べるよ。

 本当にありがとう。

■ ヘヴィーメタルとベビーメタル Vol.3

 イントロダクションとしてはここまでだ。
 私小説を書くつもりはないので、各論に入っていきたいと思う。

 ベビメタはヘヴィーメタルのパロディー、、ならばどこまでガチでやってくれんのか!って話になろうか。楽曲についてはこれだけ評価されているのだから良いだろう、最近の俺はiineとyonがきつくなってきた。
 ドキモとウキミは以前より好きだし、凄い曲のような気がしてきている。
 RORはブリクストンのアノ瞬間の映像が頭をよぎるとグッとくるよね.....こういうのがメタラーにはたまらいんだよ。
 あわ玉フィーバーと共に曲そのものの評価はBランク、俺の鉄板は以下↓
 一生変わらないと思う!w

 1.ヘドバンギャー
 2.I,D,Z
 3.メギツネ

※1.2はつべでVo抜きve.rあるけど、聞いた事あるかな?もろメタルだったよ。

 まぁ、楽曲についてはこのように偏屈な元メタラーを唸らせる部分もあるので、素晴らしいと思うよ。3人のパフォーマンスも神バンドだって......

 そう、当たり前の事を書いてるだけなんです、すんまへん!!!!!!(笑)

 じゃあ、メタル寄りであるお前の批判の矛先はどこなんだ??と言われると、、、、はい、記します。

 ベビメタでメタルを知ったつもりになってしまったメイトさんです。

■ ヘヴィーメタルとベビーメタル Vol.4

 パロディーに脚色は付き物です。
 じゃなきゃ、だたのパクリですからね〜ww

 さくら学院の重音部としてやっていた初期、まだ骨バンドがいた頃は当てパク多かったですよね。
 過去の話なんで今回はスルーしますけど、当時のファンってアイドル寄りの方が多かったと推測します。
 当時のコンセプト(主に外観)でメタラー連中がガチに食いついたとは到底思えません。私はムリです(笑)

 でね、何が言いたいかと言うと、その当時のノリが進化(?)しながら脈々と受け継がれてきているわけですよ。

 何事も良い面は継承されていくべきでです。伝統や慣習って呼ばれるやつですね。

 ヘヴィーメタルの世界にもそう呼ばれるモノが多々あるのですよ。
 アーティスト側のみならず、ファンベースで作り上げて来たルールやらマナーってものもその一つだったりもしますね。

 え、いい加減回りくどい言い方しないで本題入れよ!!ってか?w
 はい、分かり申した。

 じゃ言います。ドルオタさんがお気に入りのアイドルちゃんを間近で見たい気持ちが超圧縮を生んでしまったのでしょう。
 クソ可愛い3姫と爆撃のような重音が奇跡的なコラボを果たすことによって起きたマジックですよ!
 そついがファンの間で連綿と受け継がれ、彼女達がBIGになった今、危険極まりない行為として問題視される事態になっているのです。

 THE ONEを提唱し文化的にも対立するアイドルとメタルの融合を着実に進めてきた彼女達の足かせにならないか心配です。
 メトロックでも幕張でも感じたが、いつ事故起きてもおかしくないよ!

 ライブに参戦した人ならわかってるだろ? 言わないだけ??

■ ヘヴィーメタルとベビーメタル Vol.5

 モッシュなんてものはヘヴィーメタルだけじゃなく、J ROCKでだってやるし、ラウド系なら当たり前ですよ。
 WODは、、、正直言うと私が現役の頃は聞いた記憶がありません。ベビメタで初めて知りました。
 なので、どの辺が起源なのかや,正しいやり方なんてものも知らねっす!逆に誰かおせーて!!ww

 .....超圧縮に話を戻そう、

 先日のラウパレポでも書いた通り、メタルではあんなのありません。
 ハコの大小で感じ方の違いはあるでしょうが、こんな大々的にそこかしこで活字にされるようなレベルではありません。

 ラウパで見たのはスラッシュメタルと呼ばれるジャンルで、ベビメタより音も見に来てる連中もキツいっす!
 なのに、自分的には幕張より苦しくありませんでした。
 それは圧縮が無かったからだと自分では理解しています。幕張ではずっとつま先立ちで苦しくて一時退避したものですから...

 圧縮やWODはベビメタライブに付き物で、もっと言うと、そいつをやる方がメイトとして一丁前みたいな雰囲気があるとしたらヤバいっす!!

 私もモッシュ派なんでね、ラウド経験者はちゃんとpit作って中でやるので、それなら大歓迎なんだが、

 そーゆーことを一切知らずにベビメタから入ってきた人たちは「仲良くおしくらまんじゅう」について加減を知らな過ぎるんだと思う。

 単に「押せ押せ!」ばかりだから私は骨折したんですよ、間違いない!www

■ ヘヴィーメタルとベビーメタル Vol.6

 提言

 現状を踏まえた上で私なりに結論です。

1.mosh'shもWODもKOBAがベビメタの売りにしてますから、否定しません。
 そいつを否定するのはベビメタのコンセプト自体にケチつけることになるので、ファンやめればいいだけですね。

2.今さら教育もクソも無いので、日本でのライブのみ紙芝居で注意喚起を促す。3姫登場ver.がイイね!w
「圧縮、ダメ、ゼッタイ」はマジで効果あると思う。

3.皆んな海外動画たくさん見てんだろうから、日本のライブとの違いについて勉強して自助努力ほしいな。
 無意味な圧縮も無いし、pit一つ見ても全く違う事がわかると思う。

4.これ私が一番言いたいことなんですが、「痛てー!」とか「辛い」とかウッセーよ!!w
 メタルをパロったライブだって何万回言ったらわかんの??
 「泣き虫なヤツは ここから消えろ」ってすぅちゃん歌ってるよ、これマジなんだよ。
 泣き言抜かすなら部屋でつべってデロってればイイんじゃないか、、、
 スタンドもhappy moshもあるぐらいなんだから、それでもダメならマジ来んなよ・・・

※4はやや暴論かもしれませんが、私の中でライブは戦いです。メタル絡みなら尚更なんです。
 ベビメタがパロディから本物へ昇華できるかは本人達の努力以外に回りのサポートがゼッタイに必要なんです。特にファンの後押しは欠かせません。なので、道なき道を進む彼女達の足かせになることだけはやめましょう。
 アイドル寄りとメタル寄りで意見が合わない事もあるでしょうが、そこはTHE ONEです。
 双方が得意分野で補完し合える関係が理想なんでしょう。姫達もそれを望んでいるはずですから。

             完