bm-sakura1
 BABYMETAL活動休止期間中の現在、YUIMETALとMOAMETALが水野由結さんと菊地最愛さんとしてさくら学院卒業までの残された数少ない公演に向けて顔笑っています。
 時の経過とは残酷なもので、まだまだあると思っていた卒業までの日数も着実に削られて行き、残された公演数もあと僅かとなりました。

 そうした状況の中、中元すず香さんは今何を思うのか?
 おそらく
中元すず香さんはさくら学院卒業当時の自分と今の由結さんと最愛さん2人を重ね合わせて、当時の複雑な心境を思い出しているのではないでしょうか?

 皆さんご存知の通り、中
すず香さんの卒業当時3年生は彼女だけでした。つまり、卒業生は彼女だけだったのです。実際には同じ広島県出身の杉本愛莉鈴さんも小等部卒業とともにさくら学院を卒業したので2人で卒業することになったのですが、3年生はたった一人だけで 、そして実質的な卒業生も一人だけという、終始明るい笑顔の中にも孤独感からくる寂しさもあったはずです。 

 そんな
すず香さんは卒業式を気丈に振る舞い、終始笑顔で先生やメンバー全員、そして来客の父兄たちに感謝の念を込めて深々と頭を下げました。
 すず香さんはたぶん当時のことを思い出しながら今の由結さんと最愛さんを優しく見守っているのでしょう。

 もちろん卒業式の主役である本年度の卒業生を観るのは楽しみですが、たぶん会場に応援に来るであろう卒業生の姿を観るのも楽しみの一つではないでしょうか?
 そこで今回は、これまでのさくら学院卒業生での中で最も印象に残る生徒の名前と、最も印象に残っているシーンを教えてください。
 

 今日の『小石蹴り部』  ─WOWOW告知CM後─ (第3章345:by すっぱまん)

SU-METAL「SU-METAL DEATH!」
YUIMETAL「YUIMETAL DEATH!」
MOAMETAL「MOAMETAL DEATH!」
SU-METAL「うぃ~あ~♪」
SUYUIMOA「べびーめたるッッッ♪♪♪」

SU-METAL「ねえ最愛ちゃん。『でふ!』の所が『DEATH!』に聞こえたような気がするけどアレでよかったの?」
MOAMETAL「うん。舌を出しながら『DEATH!』って出来るようになったの~♪今度最愛ね "舌を出しながらDEATH発声法" っていう本でも出そうかなーって考えてるのー、てへっ☆」
SU-METAL「由結ちゃんは何でアソコで白目変顔やらないのよ~♪」
YUIMETAL「ゴメンねすぅちゃん。でも白目は誰のためでもなく私のための白目なの。白目以上白目未満なの。天は白目の上に白目を作らず白目の下に白目を作らずなの
…。とりあえず今は白目でもないまた新しい自分&さくら学院を模索中YO☆」
MOAMETAL「私も次回のLoGIRL出演までにモノマネもっと鍛えます!」
SU-METAL「私も見切れ出演出来るよう鍛えます!」

YUIMETAL「でもこのWOWOW告知CMの出来上がりを見ると、なんだかすぅちゃん幼くなったように見えるね~☆」
MOAMETAL「笑顔が弾けてるせいかな? 弾んだ声が一段高く聞こえるせいかな?」
SU-METAL「ううん
…それは私が幼く見えたわけじゃないと思うよ。。。由結ちゃんと最愛ちゃんがね 
… 素敵なお姉さんになってるからそう見えたんだよ☆」
YUIMOA「わぁー☆☆」
SU-METAL「へへへ♪」
YUIMOA「ありがとう、すぅちゃん」